ワキ汗をかきやすい

MENU

特にひどいワキ汗の場合は、腋窩多汗症の可能性がある

汗をかく量が半端なく多い人を、多汗症といいます。汗は体中からでているわけですが、なかでもワキから出る汗が一番多いとなると、これは「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」ち呼ばれています。腋窩多汗症の腋窩はワキの下を指した呼び名です。
ワキ汗はストレスといった精神的なものや生活習慣などによっても簡単にその量を左右される場所です。しかも、気候や服などによっても汗が出やすくなっています。さまざまな要因から汗をかきやすくなっているのですが、これがあまりにもひどい日常生活にも大きく支障をきたすように…これが腋窩多汗症です。

 

○ワキの汗が洋服にも染みてきて、人前にでれない。
○周囲の目が気になって、仕事(もしくは授業)に集中できない。
○汗によるにおいで、周囲の人に不快な思いをさせているのでは…と気が気でない。
○こまめに汗をふき取るためのタオルが欠かせない。
○気がつけば制汗剤をぬっている。
○緊張しているのを感じると、特に汗の量が多くなる。

 

酷い人では、こういった状況に常にさらされていることになります。腋窩多汗症は治療できる病気ですから、迷わずお医者様に相談するようにします。

 

ちなみに、原因と思われるものにまったく覚えがないのにワキ汗を大量にかいている場合は、「原発性腋窩多汗症(げんぱつせいえきかたかんしょう)」となります。日本で実施されたある調査では、この原発性腋窩多汗症である人が20人に1人はいる結果となっています。このことからも、決して他人事とはいえない病気なのです。