ワキ汗をかきやすい

MENU

ひどいワキ汗を改善するための治療法とは?

通常よりもたくさんの汗をかく場合、多汗症が疑われます。そして、ワキの下という特定の場所でより多くの汗が出る場合、これは「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」となります。この腋窩多汗症(えきかたかんしょう)には「原発性腋窩多汗症(げんぱつせいえきかたかんしょう)」といったものもあります。
これらの多汗症は、適切な治療で改善することができます。その方法としては、外用薬・ボツリヌス療法・内服薬・手術・神経ブロック・レーザー治療・精神(心理)療法…といった治療が挙げられます。

 

内服薬…飲み薬。抗コリン薬や漢方薬が治療薬として承認されており、広い範囲においてその効果を実感することができます。ただし、診療ガイドラインでは、塗り薬・イオントフォレーシス・注射薬では効果がない、施すことができない場合にのみ実施されます。

 

外用薬…塗り薬。塩化アルミニウムなどの有効成分が配合された薬を、ワキの下に毎日塗ります。すぐに効果が現れるかというとそうでもなく、少しずつ効果を実感できるようになります。持続性が低いので、続けることが大事となります。

 

ボツリヌス療法…ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とする薬を注射します。効果の持続性は4〜9カ月と長いので、1年間に1〜2回ほどの注射で汗を抑えることができます。

 

手術…神経を切断するなど、状態によって手術内容の種類も変わってきます。場合によっては健康保険が適用されることもあります。多汗症としては重度の患者さんに実施されますが、事前に医師から十分な説明を受ける必要があります。