ワキ汗をかきやすい

MENU

遺伝でも、汗の排出量は抑えられる

極度のストレスや緊張、不安などを受けた際に大量にでる汗…これを発汗恐怖症、もしくは多汗症といいます。が、これは精神的なものが要因となっているだけで、遺伝子的な要因からくるものではないといわれています。つまり、誰がなってもおかしくない疾患なのです。

 

この発汗恐怖症とは違い、遺伝子が要因として発症してしまうのが「わきが」です。発汗恐怖症なのか、それともわきがなのか…この違いを見極める一つとして、「家族の中にわきがの人はいるかどうか?」というのが設けられているほどです。

 

わきがになりやすい遺伝としては、優性遺伝と呼ばれるものが関係してきます。両親のどちらかがわきがを発症していれば、その子どももわきがを発症する可能性はとても高くなります。つまり、わきがになる人というのは、持って生まれてきたもの…ともなるのです。
身内でわきがに悩む人がいたら、自分もそうかもしれないと思った方がいいでしょう。発症確立は極めて高いものとなっているのです。

 

では、発症してしまったらどうしたらいいのでしょうか?遺伝でワキ汗がひどいと悲観してしまうと、今度は発汗恐怖症も手伝ってさらに汗を大量に排出してしまうといった悪循環に陥る事もあります。ですから、ここは気にしないようにするのが一番。
そして、今は病院や美容整形などでワキ汗を抑える方法が確立されていますので、それらを思い切って活用してもいいでしょう。また、市販のデオドラントなどを上手に活用するのも一つの方法となります。